スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーフィーの法則のまとめ

マーフィーの法則」というものを知ったので、忘れないようにまとめておきます。

マーフィーの法則というのは「なんとなくうまく行かない事のあるあるネタ」みたいなものらしいです。

  • バターをぬった面を下にして食パンが着地する確率は、カーペットの値段に比例する。
  • 人生で楽しいことは、違法であるか、反道徳的であるか、太りやすい。
  • いびきをかく者が最初に眠りにつく。
  • 一話しか見なかったTVドラマ・シリーズの再放送を見ると、以前見た一話である。
  • 人は結婚するまで本当の幸せが何か知らない。だが、知った時にはもう手遅れである。
  • 洗車しはじめると雨が降る。雨が降って欲しくて洗車する場合を除いて。
  • 伝統とは、当時の問題は忘れられているのに、その答えだけが残ってしまったものである。

本には約1600の法則が載ってるらしいです。欲しい!!!!!!

21世紀版 マーフィーの法則
アーサー・ブロック
アスキー
売り上げランキング: 61340
スポンサーサイト

theme : 雑学
genre : サブカル

すぐに使える「のりピー語」のまとめ

のりピー語を使いこなしたいと思ったので、使いやすそうなのりピー語をまとめてみました。

挨拶

やっピー
「こんにちは」
よろピく
「よろしく」
バイピー
「さようなら」

マンモス系

マンモス
「超・とても」 例:マンモス美味しい
いただきマンモス
「いただきます」
ペコペコマンモス
「ごめんなさい」「非常に空腹」
おめでたマンモス
「おめでとうございます」

感情を表す言葉

うれピー
「嬉しい」
かなピー
「悲しい」
たのピー
「楽しい」
くやピー
「悔しい」
オッチョロピー
「恐ろしい」

上級編

忘れちゃピッピー
「うっかり忘れてしまいました」
ちょろっとまっピー
「少し待っていてください」

DropboxとiPod touchでぼくの手ぶら生活は無敵になりました

今、ぼくは合計で4台のマシンを使っています。自宅用のMacBook、研究室のiMac、バイト先のPC、インターン先のノートPC(共用)。で、自宅用のMacBookを外に持ち出したりはしません。重いし。壊れたらやだし。

ついでに手帳も持ち歩きません。かさばるし。書くの飽きるし。(新しいほぼ日手帳は欲しいけど笑)

ということを踏まえて。何を持ち歩くかというと、携帯とiPod touchと財布と定期。とりあえずこれだけ。全部ポケットに入っちゃうので両手はフリー。らくちん。身軽だけど何の不自由もなく活動できてます。今のところ。

予定の管理はiPod touchで。追加も削除も変更もiPod touchから直接できちゃうし、充電のついでに自動でMacのiCalと同期してくれる。iPod touchのカレンダーには祝日が載ってないっていう致命的な弱点があるけど、iCalにGoogle Calendarの「日本の祝日」をインポートしてれば克服できちゃう。

ファイルの共有はDropboxで。どんなのかっていうと、別々のマシンのDropboxフォルダがいつのまにか同期されてるっていうビッグバン便利なツール。何が凄いって、全部自動。めんどくさがりでも大丈夫。

例えば、自宅でゼミの発表用パワーポイントを作った時、Dropboxフォルダに保存しておけば研究室のiMacにも入っちゃってる。自分宛にGmailで送らなくてもいい!

しかも、iPod touchからDropboxのサイトにアクセすると、自分のDropboxフォルダが確認できちゃう。iPod touch用の超使いやすいUIで。これがエターナルフォースブリザード便利。そのうえなんと、pptxファイルだって、pdfファイルだって、docファイルだってその場で開けちゃう。「どんなこと書いてたっけ」って思っても、iPodからささっと確認できるって素晴らしい!

前にも書いたけど、出先で何か面白いものを見つけたり、アイデアを書き留めたくなったらEvernote。これは携帯からメールで送信するが便利。打つのがめんどくさかったらとりあえず写メって添付して送ればいいしラクチン。

もし公衆無線LANサービスを利用できれば、出先からでもiPodからlivedoor Readerなんかも見れちゃって完全態の無敵になれそう。

あとなんかあったかな。まあそんな感じで、手ぶらでも死にはしません。

theme : 役立つツール
genre : コンピュータ

本のバーコードを読んで蓄積していく「Books for MacOS X」

080802

あの時読んだ本、なんだっけ…ということが増えてきたので、
読み終わった本をリスト化していこうと思っていました。

探してみると良いツールが。
Books for MacOS X
本を管理してくれるソフト。
しかも、情報の入力はほとんど不要です。

なぜなら、
MacBookのカメラに本のバーコードを見せると、
本の情報を自動で取得してくれちゃうから。
作者やタイトルはもちろん、表紙の画像まで。自分で感想を添えることもできます。
あまりに簡単で、しかも楽しいので、部屋の隅に積んである本の山を全部登録してしまいました。

簡単に使い方をまとめておきます。

まず本を登録する前に設定。
「Books → Preferences」のDefault QuickFill PluginをAmazon JPに。
これで日本のamazonから情報を取得してくれます。

つづいて本の登録。
New Bookボタンを押すと情報入力画面が出てきます。
一つ一つ入力するのは面倒なので、バーコードを読み取らせます。
画面の下のほうにISBNという項目があり、よこにカメラっぽい変なアイコンがあります。
クリックするとカメラが起動するので、バーコードを映します。
バーコードを読んでくれたら、ISBNに数字が入力されているはずです。
最後にQuickFillボタンをクリックすると情報を検索してくれるので、Save。

全部で88冊の本を登録し、かかった時間は30分ほど。
検索やSmart Listなどの機能まであっていたれりつくせり。

長く付き合っていきたい良いツールだと思います。

theme : ソフトウェア
genre : コンピュータ

ぼくが手帳を持ち歩かなくなった理由

荷物減らしたいし重いしポケット足りないしってことで、
手帳を持ち歩かない生活に挑戦してみました

スケジュールはiCalで管理。
そんでiSyncを使って携帯に転送。ついでにiPodにも転送。
携帯シンクをMacにインストールすれば大概の携帯がiSyncで使えるようになるみたい。
出先で携帯にスケジュールを追加してもMacに繋げば同期してくれてうまうま。
iCalとGoogle Calendarを同期することもできるみたい。

[N] 「Googleカレンダー」が"CalDAV"サポートで「iCal」と同期が可能に


それからメモは携帯でとる。打つのがめんどくさかったら近くのチラシの裏に書いて写メ。
出先で面白いものを見つけたらカメラで撮ってEvernoteにメールで送っとく。待ち受け画面にEvernoteのショートカットを作っとくと便利。

アドレスブックもiSyncを使って携帯・Mac・iPodで同期。安心。

こんな感じで手帳の機能を携帯に置き換えてみました。
今のところ不満はないどころか、体一つで外出できるようになって快適快適。

ちなみに携帯とMacの接続に使うケーブルはなんでもいいみたい。
携帯シンクはダウンロード版とケーブル付きのパッケージ版があるみたいけど、
穴同士が繋がればいんだろうと思ってダウンロード版を購入し、昔なにかの拍子に買ったUSBケーブルで接続しても全然大丈夫でした。保証はしませんけど笑

theme : 生活に役立つ情報
genre : ライフ

RSS
  • 最近記事のRSS
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:

Ads
検索フォーム
プロフィール

gryng

gryng

MEやってます。twitter

Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。